オニシバリ  Daphne pseudomezereum (ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属) 谷 戸図鑑に戻る

ジンチョウゲ科の低木で、東北地方南部から九州の山地を中心に分布する。

早春になると黄緑色の花が咲くが、花びらのように見えるのは「がく」であり、花びらはない。また、樹皮が固く、家畜用の縄にこの樹皮を 使う国もある。

夏になると楕円形の赤い実ができるが、有毒であり食用できない。

秋には、新葉が生じ翌年の夏に落下する。

名前は、樹皮で作る縄は鬼さえも縛ることができることからきている。また、夏には落葉しているように見えることから、別名を「ナツボウ ズ(夏坊主)」という。

花言葉は「変わり者」である。

ナニワズとよく似ているため、間違えられることが多い。どちらもジンチョウゲ科で毒を持っているが、オニシバリの花は黄緑なのに対し、ナ ニワズの花は黄色で香りが良い。

(江島 なつ海)

オニシバリ

オニシバリ 冬場は葉のみ(写真 澤口 佑菜)

オニシバリの花

オニシバリの花(2020年2月23日)


オニシバリの実

オニシバリの実 (2019年5月25日)

オニシバリ
オニシバリの夏の姿 葉は落ちて枝のみ (2020年9月6日・写真 澤口 佑菜)
川名里山レンジャー隊