ハンゲショウ  Saururus chinensis  (ドクダミ科) 谷戸図鑑に戻る
ドクダミ科の多年草である。
本州から沖縄、東アジア、南アジアの低湿地に群生している。茎は直立し、高さ80p程である。長卵形の葉を互生し、6月中旬から7月に小さな黄白色の花を多数穂状につける。花序の下の2・3枚の葉は下半分が白くなる。

名前は、半夏生(毎年7月2日頃)の頃に花を咲かせることに由来する説と、葉の一部を残して白く変化する様子から半化粧とする説がある。また、葉の片面だけが白くなることからカタシログサ(片白草)とも呼ばれている。

花が咲く時期に葉が白くなるのは、葉を目立たせ虫を誘いやすくし花粉を多く運んでもらうために進化したのではないかと言われている。全てを白くしないのは、白い部分には葉緑体ができないため光合成ができなく生きられなくなってしまうためではないかと思われる。
(江島 なつ海)
ハンゲショウ ハンゲショウ
(撮影日:2019/6/15) (撮影日:2019/6/15)
ハンゲショウ
花序の下の葉が白くなりはじめている。

(撮影日:2005/5/14)
川名里山レンジャー隊